返回列表 回復 發帖

海外で時間やお金を無駄にしてしまうリスクで満足

台北 第二夜)上にタオルをひいて、なかなか手馴れた様子。まずはオレが仰向けになって、 彼女から乳なめやフェラ○オのサービスを受ける。そこそこの腕前。体勢を逆転し、今度はオレから。だんだん甲高 い声をあげはじめ、あそこはヌルヌル。が、可愛い女の子が多いことでも有名ですね台湾風俗マッサージ
そんな台湾美人と遊んでみたいなぁという男子の夢を叶えてくれるこれも、帰国の途中の短時間の滞ょっととまどい無言にな りましたが、「絶対秘密ネ」と言って、どこかへ電話を入れてくれました。(オジちゃん、日本語できます) その後、オジちゃんとの会話。「いくら?」「4000TWD」 (なるほど、事前の情報どおりだ)今回のお相手は、日本帰りのマレーシア人の写真の彼女でした。容姿は、まあまあだったので、チェンジせずにプレイしました。プレイはフェラから はじまり、淡々と 進みました。部屋の鏡を見ながらのバック等、そこそこ楽しめました。しかし、プレイが終了すると彼女はそそくさと服を着て帰ろうとします。時間はまだ あるはずなのに・・・ 抗議しましたが、もう帰ると彼女は帰ってしまいました。前回と同じところというこ とで、きちんと時間などを 確認しなかったことを反省しました。
海外で気持ちよく過ごすためには、面倒でも、料金・時間・内容等詳しく確認する ことが重要ですね。 ボッタクリにあわない為にも。在でした。  今回も、前回の体験に気をよくして、同じ出張マッサージを選択。どんな娘が来る のかと 楽しみに待っていました。
2007年3月 2泊3日で台北へ出撃してまいりましたので報告いたします。 予算的にクラブはまったく眼中になく、ただヤルだけを目指しました。[1日あいいけど、見たところ20代後半ってとこかな。 シャワーから出ると、彼女、シーツの場所が林森北路(リンシャンペイルー)というナイトスポットです。林森北路は古くから日本人街として名を馳せた通りで、日本人の台湾駐在員や出張者、旅行者などの御用達の場所となっています。台湾のキャバクラ(KTV)はお持ち帰りも可能なため、濃厚な遊び方も可能となっています。東南アジアではキャバクラのことを「KTV」あるいは「カラオケ」と呼びます。やさしくアソコをなめはじめると一段と声は大きくなり、やがて腰が持ち上 がり、あそこがブブブッとイヤラシイ音を出し、彼女はイったようでした。オレはというと、疲れていて少々不安だ ったんですが愚息はビンビン。オジちゃんからは「ゆっくり楽しめ」と言われてましたが、我慢できず彼女の中へ思 い切りブチこんじゃいました。試合終了。彼女はシャワーをあび、服を着てから金を要求してきましたので、4000 TWDを渡してお帰りいただきました。彼女が来てから1時間と10分くらいでした。尚、ホテルのオジちゃんに迷惑がかかると21:00過ぎ、林森北路近くのホテルにチェックイン。前日仕事でほぼ徹夜、台北への機内でもほとんど眠れず、クタ クタでの到着でした。やることだけは、やらねばと思いながらも、疲れていてポン引きの出没エリアまで出向くのもメンドくさく、思い切 ってホテルのフロントのオジちゃんに紹介してくれないか頼んでみました。オジちゃん、ち
返回列表